2015年度 会長挨拶

心ひとつに新たな一歩

L飯田 喜代?

1966年3月27日、日本で918番目のクラブとして国際協会から認証状の伝達を承けて以来、50周年を迎え、この大切な節目の年に再度会長に指名され、その責任の重大さを痛感しております。
顧みますと当クラブは、奈良LCのスポンサーによって結成されて以来、歴代会長のもとにライオニズムの高揚に努め、地域社会に密着した数々の奉仕活動を実施し今日を迎えました。改めて歴史の重みを実感するとともに、奈良LC並びに先輩諸兄に深く敬意と感謝の意を表します。
今年はL村上薫以来日本から二人目の、L山田實紘ライオンズクラブ国際会長が誕生いたしました。また、L永田賢司地区ガバナー方針に従った、クラブ運営をしていきたいと考えております。
会員増強については、ライオンズ精神に基づき、5名以上の資質ある会員と、
15名以上の家族・賛助会員の増強を計ります。 特に、この度結成されました「女子部」充実のため、女性会員の増強に努めたいと思っています。
また、アクティビティーについては、地域に根ざした心に残る奉仕活動を目ざすとともに、東京オリンピックを目前に控え、
未来を担う青少年の育成に力を注いで参ります。
めまぐるしい社会変化の中で「心の貧しさ」が引き起こす考えられないような様々な不幸な出来事。何故?どうして?そんな言葉が頭をよぎる毎日。
今こそ、初心にかえりメンバーの相互理解のもとに、乾ききった心のオアシスになれるような活動をしていかねばなりません。
私はかねがね、「出逢いこそ、人生最大の財産である」と思ってまいりました。
出逢いの数だけ、人と人との和が広がっていきます。メンバーの心の和を、大きな輪につなげて、新たなライオンズの歴史を積み重ねて、来春3月26日に行います、
CN50周年式典の成功のために努力をしてまいります。
どうかよろしくお願いいたします。

飯田 喜代視